Google+
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音ゲー練習するくらいならドラム始めるよ

音楽は素人なので、他のサイトで勉強するばかり。 ブログタイトルは勢い。"CLIPHITの練習日記"とかに変わりそう。 「ドラムセットの実物を見たこともない。」「ドラム触ってみたい。」 という、ぐだぐだ日記。


iOSアプリ×MIDIキーボードで、指ドラム音ゲーを遊んでみた。

アプリ 音ゲー 指ドラム 練習風景(動画)

前記事で紹介したアプリSong BeatsにMIDIキーボードを繋いだらどうなるのっと、
案外楽しかったので実験を動画化しようと思います。



Play YAMAHA Song Beats on the nanoKEY - YouTube

手持ちのiPadAirにてプレイ、撮影、編集。プレイならiPhoneでも出来ました。
追記:YouTube用のアカウントで上げ直し。

こちらの音楽ゲームの材料です。

アプリ
・Song Beats

Song Beats

Song Beats

  • Yamaha Music Interactive, Inc.
  • ミュージック
  • 無料

GarageBand (あれっ有料?)

GarageBand

GarageBand

  • Apple
  • ミュージック
  • ¥500


機材
MIDIキーボード※USB接続タイプでiOSで動作確認されているもの
http://www.flickr.com/photos/44124263380@N01/3360074019
photo by Iain Tait
(今回は真ん中のnanoKEYを使ってます、上のやつ便利そう・・)

・Lightning - USBカメラアダプタ

(USB接続以外のMIDI入力機器をお持ちの場合、その機器に合った接続方法でご利用ください。)


撮影・編集※プレイ動画作成で使いました
・Shou(Apple非公認キャプチャアプリ)
iMovie(動画編集アプリ)
ボイスレコーダー(ライン取り)
※Shouをバックグラウンドで動作させていると、謎の音割れが高頻度で起こるので推奨しません・・・。(そもそも非公認アプリなので使うなら自己責任)

手順を説明します。

1.MIDIキーボードをiPadへ接続します。

2.GarageBandをバックグラウンドで立ち上げます。

  • MIDI入力がDrumsで認識されるのを音で確認

3.Song Beatsを立ち上げます。

  • MIDI入力がSong Beatsで認識されるのを画面のドラムで確認

4.すべての動作に不具合のないことを確認してから、Song Beatsで楽曲選択。

5.レッツ・プレイ・指ドラ!


感想

Song Beatsについて他の記事を見てまして
結構なポテンシャルを持っていると感じてましたが、
ここまでドラム風リズムゲームとして遊べるとは思いませんでした。

ただ、ヤマハが想定した使い方ではないため、不便なところも見受けられます。
(MIDI入力の音をキーボード自体かSong Beats内で鳴らすことが出来れば、GarageBandを立ち上げる必要ないです)
そもそもリズムゲームカテゴリにはにはもっと優れたドラムアプリがあるかも知れません。
その時は「○○の方が便利だわwゴミ記事乙wwww」と教えてください


また、この記事を作成するにあたり、指ドラムというジャンルを初めて知りました。
YouTubeニコニコ動画には沢山の指ドラマーが動画を投稿されてます。
感銘を受けた動画を後日紹介したいと思います。
そしていつの日か、私も指ドラム動画を投稿して皆様のお仲間に加わ・・・

って違う!

こちらは「ドラムやりたいと思ってちょうど1週間だなぁ」
とかつぶやく日記です。
日頃の練習(妄想)を記事にしています。

長くなりましたが、また面白いアプリの使い方を見つけましたらご報告したいと思います。