Google+
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音ゲー練習するくらいならドラム始めるよ

音楽は素人なので、他のサイトで勉強するばかり。 ブログタイトルは勢い。"CLIPHITの練習日記"とかに変わりそう。 「ドラムセットの実物を見たこともない。」「ドラム触ってみたい。」 という、ぐだぐだ日記。


事情聴取をしてもらった話。【補完2】

余話

いよいよやってきたこの日。

・待ち合わせの警部交番に着き、開口時の第一感想
(窓口の奥にいる職員なんかみんな変)
視線が痛かったし、皆さんそわそわしてた。管轄内で>刑事事件の予感<状態か。

時系列前

警部交番

通常の交番に比べ規模が大きく、運転免許の更新手続きや車庫証明などの各種申請・届出事務が可能で大規模警察署の主要箇所に設置されることがある。 近年、少子高齢化による人材不足と財政事情により警察官の増員がままならない状況において、特に小規模警察署の統廃合により人員の配置を適切にするべく、統合され廃止となった警察署を警部交番や分庁舎などに改組して設置する例も多い。

http://ja.wikipedia.org/wiki/警部交番


「あのー、以前電話で相談して、今日こちらでT刑事と待ち合わせしてるんですけど・・・」
窓口の人(余り近づいてこない)は、"ばっ"と顔を伏せ、手を差し伸ばす*1
「あちらです―――」
示された先は応対室程度の部屋。その先には間仕切りと事務机がある。*2
そして、手招く屈強そうな男性。

恐る恐る近づくと視界の先に、私を"認識"するもう一人の男性がいた。
直感的にこの人が電話の相手(T刑事)だと思い、とっさに挨拶をするそぶりをした。
相手も相応の反応をしたので、促されるまま、そそくさと事務机へつく。

正直、"屈強そうな男性"(恐らく相棒)と対峙するのが怖かった。

テレビで何十回と見た被害者の供述シーンに私は居る。
(やっぱり、ツーマンセルなんすね!)ミーハーなセリフが頭をよぎるが、
"相談者"として話を聞いてもらう立場なので控えることにした。


さて、肝心の聴取内容だが・・・


諸事により、書けません!

大まかな雰囲気は、

  • 友好的に進んだ(容易に情報交換ができる感じ)
  • T刑事のクロージング力が高かった(もしかして:敏腕刑事)
  • 初動捜査開始と、被害拡大時に警察のバックアップを頂けるように


市民と警察は協力的な関係でありたいものです。
しっかり対応してもらえたことで、今回の私の場合、被害届を出す必要がなくなりました。

今後もし捜査に進展があり、犯人逮捕に繋がるようであれば、連絡があるとのこと。
その際、T刑事から被害届を出すように要請されれば、協力したいと思います。


事情聴取をしてもらった話 - おわり


振り込め詐欺救済法で返ってくる金額と、それで買い直せる楽器があるのかが、当面の懸案事項です。

*1:誇張

*2:取調べ室ではなさそう